おいしい紅茶を入れる器具 ストレーナー

スポンサードリンク

おいしい紅茶を入れる器具 ストレーナーについて

おいしい紅茶を入れるための器具の中でも忘れてはならないのが「ストレーナー」の存在です。

 

ストレーナーとは、日本語で「茶漉し」という意味を持ちます。

 

実は、紅茶を入れるティーポットには、急須のように「茶漉し」が備わっていません。

 

そのため、ティーポットからティーカップへそのまま注いでしまうと、カップ内に紅茶の茶葉が浮かんでしまい、見栄えも悪く飲みづらくなります。

 

それを防ぐためにも、ストレーナー(茶漉し)を必ず1つは用意する必要があるのです。

 

では、ストレーナーの選び方と使い方をご紹介しましょう。

おいしい紅茶を入れる器具 ストレーナーの選び方と使い方

ストレーナーには、様々なデザインが販売されています。

 

  • キャンディー型の可愛らしいもの
  • オシャレなシェル型のもの
  • 柄の部分が長いもの
  • 和テイストな茶漉し

 

などなど・・・

 

初めてストレーナーを購入する場合、濾す部分がキメ細かい「メッシュ状」のものがオススメです。

 

メッシュ状のストレーナーは、微細な茶葉まで取り除けるため、舌触りの良い滑らかな紅茶が入れられます。

 

紅茶の入れ方に慣れてきたら、メッシュ状ではなく、濾す部分がパンチングされたストレーナーを使用すると良いでしょう。

 

こちらは、細やかな茶葉は取り除けませんが、茶葉受けに紅茶が溜まるため、入れたての紅茶の香りや水色(すいしょく)を愉しめます。

 

また、日本茶によく用いられる「槌目柄のストレーナー」は、2重構想のきめ細やかな網です。

 

微細な茶葉までしっかり取り除けるだけではなく、槌目柄は傷が付きにくく目立ちにくいため、初心者の方でも安心して使用できます。

 

しかし、お手入れが少し面倒というデメリットもありますので、良く考えて選びましょう。

 

それと、少し変わり種ですが、ティーポットの注ぎ口に取り付けるストレーナーも販売されています。

 

こちらは、後漏れを予防できるため、じわじわと人気を集めています。

おいしい紅茶を入れる器具 便利な回転式ストレーナー

ストレーナーには、実に様々なデザインのものがありますが、用途はどれも紅茶の茶葉を濾すためのものです。

 

最後にご紹介するのは、「回転式のストレーナー」です。

 

一般的なストレーナーは、カップの縁に引っかけてティーポットから出てくる茶葉を受け止めます。

 

ただし、回転式ストレーナーの場合、ここがちょっと違います。

 

使い方は、ティーポットを持つ手とは反対の手で、回転式の茶漉しに取り付けられた「取っ手部分」を持ちます。

 

そして、くるんと回転させ、ティーポットから出てくる茶葉を受け止めるように使用します。

 

回転式は、ストレーナー受けがセットされています。

 

そのため、茶葉からポタポタと滴るしずくを受け止められますので、テーブルを汚さずに済みますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

選び方
紅茶をおいしく入れるには、正しい器具の使い方が重要です。ここではおいしい紅茶を入れるための器具の使い方や選び方について書いて行きます。
ティースプーン
おいしい紅茶を入れるためにはキチンと茶葉の量を測ることが重要です。ここでは茶葉を測る専用器具ティースプーンについて書いて行きます。
ティーコジー
おいしい紅茶を入れるためには、ティーポットを保温するということがとても大切です。ここではティーポットを保温するアイテム、ティーコジーについて書いて行きます。
フレンチプレス
日本では紅茶を入れる際にフレンチプレスという器具を使うことがあります。通常フレンチプレスはコーヒー用の器具ですが、ここではおいしい紅茶を入れるためのフレンチプレスの使い方について書いて行きます。
タンブラー
タンブラーはおいしい紅茶を入れるために不可欠な器具ではありませんが、お手軽で便利といううれしい器具の一つです。ここではおいしい紅茶の器具タンブラーについて書いて行きます。
タンブラーおススメ
タンブラーはおいしい紅茶を入れるために不可欠な器具ではありませんが、お手軽で便利といううれしい器具の一つです。ここではおいしい紅茶の器具タンブラーのおススメについて書いて行きます。
意外と必要ない
おいしい紅茶の入れ方を行う際、思ったよりも必要なかった器具と言うのも存在します。ここではおいしい紅茶を入れるのに、それほど必要でなかった器具について書いてみます。