おいしい紅茶の入れ方 茶葉

おいしい紅茶の入れ方 茶葉について

おいしい紅茶の入れ方の重要ポイントの一つに紅茶の「茶葉の選び方」があります。

 

茶葉には、実にさまざまな種類があります。

 

どれを選ぶかについては、ご本人が目指す香りや味にもよると言えるでしょう。

 

ここでは、おいしい紅茶を入れるために必要となる「茶葉」について書いて行きます。

おいしい紅茶の入れ方 茶葉記事一覧

紅茶の茶葉 ダージリン

紅茶の生産量世界一を誇るインドは、紅茶の原材料となるチャノキの栽培に適した風土と、広大な敷地を持っています。そのため、紅茶を生産するのに最も適した国と言われています。そんな紅茶大国インドでは、「紅茶のシャンパン」という異名を持つ「ダージリン」がとても人気があります。今やダージリンは「世界三大紅茶」の...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 ダージリンの収穫時期のちがい

ダージリンには「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」と3つの種類があるということは、前述しましたね。その点について、もう少し詳しくご説明しましょう。寒さが和らぐ3月〜4月になると、インドでは軽めの雨期が訪れます。この時期に摘み取られた茶葉は「ファーストフラッシュ(春摘み茶)」...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 アッサム

紅茶大国インドでダージリンと共に生産されているアッサムをご紹介しましょう。アッサムは、インドの北東部に位置するアッサム地方のプラマプトラ河という大きな河川を中心に栽培されている紅茶の茶葉です。この地域は、世界でもトップクラスの雨量が多い地帯と言われています。高温多湿の気候に加え、モンスーンと呼ばれる...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 アールグレイ

紅茶と聞いてイメージする国と言えば、やはり「イギリス」ではないでしょうか。しかし、紅茶の本場イギリスでは、紅茶の生産は、ほとんど行われていません。インドやスリランカ、中国やインドネシアといったアジア圏を中心に生産されています。特に、紅茶の生産量世界一を誇るインドは、高温多湿の気候に加え、昼と夜とでは...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 セイロン

紅茶の茶葉を購入する際、「ケニア」や「ラプサンスーチョン」、「ジャワ」など生産国の特徴を表す紅茶の名称がラベルに表示されています。その数ある紅茶の名称に「セイロン」という名前を持つ紅茶があるのですが、いったいどういった紅茶なのかご存知ですか?セイロン(錫蘭)とは、インド半島の南東部に位置する島国です...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 ニルギリ

インド三大紅茶の1つである「ニルギリ」は、ダージリンとアッサムと並ぶ人気の茶葉です。ニルギリは、インドの南西端にある西ガッツ山脈西側にあるケララ州は古くから東西の海洋交通の要として有名な地域です。ニルギリとは日本語で「青い山」という意味を表します。ニルギリの茶葉は、高地にあるニルギリ高原とケララ州で...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 ウバ

世界三大紅茶の1つである「ウバ」はスリランカで生産されている紅茶の茶葉です。スリランカは、前述しましたが、インドと並ぶ紅茶大国です。セイロンティーは、高地・中地・低地によって紅茶の香りや味わい、水色などが異なります。今回ご紹介するウバは、標高1000m〜1700mの高地で生産されている紅茶の茶葉です...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 キャンディ

スリランカで生産されている紅茶の1つに「キャンディ」という可愛らしい名の紅茶があります。キャンディは、スリランカのシンハラ王朝最後の都市として知られる古都、スリランカ中央部のキャンディ地方で生産されています。セイロンティーの父として知られるジェームス・テイラー氏が、初めて茶園を築いた土地として、現地...

≫続きを読む

 

紅茶の茶葉 ディンブラ

ディンブラという紅茶が生産されるスリランカは、インドと世界紅茶生産量のトップ争いを繰り広げている国です。スリランカで生産される紅茶は、セイロンティーという名で、世界中の国や地域で販売されており、たいへん人気の高い紅茶です。スリランカには、「セイロン・セブン・カインズ」と呼ばれる紅茶の生産地が7地方あ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク