紅茶のおいしい入れ方のマナー 作法

スポンサードリンク

紅茶のおいしい入れ方とマナー 作法について

それでは、「紅茶の作法」についてご説明しましょう。

 

紅茶の本場イギリスでは、午後4時〜5時頃、紅茶と共にスイーツや軽食を楽しむ習慣があります。

 

「アフタヌーンティー」と呼ばれる、19世紀中頃から始まった貴婦人たちの習慣です。

 

では、そんな優雅なアフタヌーンティーを過ごすための作法をご紹介します。

 

アフタヌーンティーでは、お皿を3段配置できる専用のスタンドに、ケーキやクッキーなどのスイーツ、スコーンやサンドイッチなどの軽食が盛られた皿を乗せ、親しい方々と優雅なひと時を過ごします。

 

「招く側」にも、「招かれる側」にも、それぞれ最低限のマナーがあるわけですね。

 

まず、アフタヌーンティーに招待されたら、招いてくださった方に「どうぞ」と言われた席に座ります。

 

日本人は気質上、上席(上座)に着席するのに抵抗を感じますよね。

 

しかし、アフタヌーンティーに招いてくれた方は、誰がどの席に着席するかを事前に決めています。

 

ススメられた席を断るのはマナー違反ですので、素直に着席するようにしましょう。

アフタヌーンティーにおいての注ぎ方のマナーと作法

アフタヌーンティーにおいての注ぎ方のマナーと作法についてご説明します。

 

今度は、アフタヌーンティーに「招いた側」のマナーになります。

 

紅茶の本場イギリスでは、ティーポットの蓋を押さえることなく片手で紅茶を注ぎます。

 

日本では、急須に手を添えるのが作法ですが、紅茶を入れる際は必ず右手だけで握り行います。

 

実は、ティーポットの蓋に手を添えるのはマナー違反ですので、お気を付け下さい。

 

また、茶漉しが付いていないティーポットを使用する場合は、左手で茶漉しを持ち、右手でティーポットを持って紅茶を注ぎましょう。

 

イギリスのティーポットには、蓋にストッパーが付いているので蓋が落ちてしまうことはありませんので、片手で入れても問題ありません。

アフタヌーンティーのマナー ティースプーンとお皿

イギリスでは、紅茶にミルクを入れて飲むのが主流です。

 

紅茶にミルクを加えたら、ティースプーンでかき混ぜますが、そのティースプーンをどこに置くかご存知ですか?

 

使用したティースプーンは、落下を防ぐために「カップの奥側」に置きます。

 

たとえ、使用していなくても、ティースプーンは必ず奥側に置くようにしましょう。

 

そして、アフタヌーンティーでは、必ず3段のケーキスタンドが登場します。

 

下段にサンドイッチ、中段にケーキなどの生菓子、そして上段にクッキーやスコーンといった焼き菓子が一般的なケーキスタンドの使用方法となります。

 

以前は、1皿ずつ運ばれていたのですが、現在ではこの3段スタンドを活用するのが常となっています。

 

そして、この3段スタンドに乗っている食べ物を食べる順番もきちんと決まっていますので、順序を無視して召し上がるのは作法違反となります。

 

一般的には、下段からいただくのがマナーですので、お気を付け下さい。

 

また、全員が1つのお皿を食べ終わるまで、次のお皿に手を付けてはいけませんので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

 

アフタヌーンティーの作法 3つのお皿

 

この3つのお皿の食べ物に関するマナーも、アフタヌーンティーの作法の1つです。

 

サンドイッチは、スタンドから1つ取り、一旦自身のお皿に乗せ、しばらく会話や紅茶を堪能します。

 

そして、機会が訪れたらいただきます。

 

次に、スコーンですが、素手でスコーンを1つお皿に乗せます。

 

そして、備え付けのナイフを使ってスコーンの横から切り口を入れ、自分で上下にカットします。

 

次に、バター、ジャム、そしてクリームという順に、備え付けのスプーンなどを使用して、カットしたスコーンの乗ったお皿に取ります。

 

そして、先ほど取った順にスコーンに1口分ずつ塗って、そのままパクッといただくのが「スコーンの食べ方」に関するマナーとなります。

 

バターやジャム、クリームは苦手なものは、とっても塗る必要はありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

ソーサー
紅茶をおいしい入れ方の一つに嗜む際のマナーと作法というのが挙げられます。ここでは紅茶のソーサーについて書いて行きます。