おいしい紅茶の入れ方に必要な器具 茶器

スポンサードリンク

おいしい紅茶を入れるために必要な茶器 お湯を沸かす

おいしい紅茶を入れるために必要な器具の最初は、茶器についてです。

 

では、まず「お湯を沸かすために必要な茶器」をご紹介します。

 

紅茶のお湯を沸かすために必要な器具は「やかん」や「小鍋」が適切です。

 

電気ポットなどもお湯を沸かすのに便利ではありますが、美味しい紅茶の入れ方でご説明した「水に含まれている酸素を失う可能性が高い」ため、オススメ出来ません。

おいしい紅茶を入れるために必要な、紅茶を入れる茶器

紅茶の茶葉を入れて、茶葉から紅茶のエキスを抽出するために必要な器具は「ティーポット」「サーバー」が適切です。

 

鍋と茶漉しを用いて直接煮出したり、緑茶を入れる際に使用する急須でも代用は可能です。

 

しかし、出来れば紅茶専用のティーポットやサーバーを1つは購入しておくと、紅茶への香り移りなどの心配が無いのでオススメです。

 

また、ティーポットやサーバーといった茶器の選び方などについては、別のページにて詳しくご説明したいと思います。

おいしい紅茶を入れるために必要な茶器 茶葉を測る

茶葉の分量を正確に測定するために、必要な「ティーメジャー」はお好みで用意しましょう。

 

ティーメジャーは、紅茶を入れるためには必須器具ですが、常に同じティースプーンで紅茶を入れるという方や電子計量器などがご自宅にある場合は無理に買い揃える必要はありません。

 

ティーポットやサーバーなどの茶器から紅茶の茶葉がティーカップに入らないように奉仕するための器具「ティーストレーナー」は必ず必要です。

 

ストレーナーはいわゆる「茶漉し」のことを表しており、様々なデザインのものが販売されているのでお好みで購入してください。

 

もちろん100円ショップの茶漉しでも良いですが、せっかく美味しい紅茶を入れるのでしたら、こだわってみてはいかがでしょうか。

 

茶葉の量を正確に軽量するために必要な「計量器」は、あると便利な器具の1つです。

 

紅茶の茶葉は大きさなどが不揃いのため、ティーメジャーで計量しても僅かにズレが生じる可能性があります。

 

紅茶は僅かな誤差でも香りや味わいが変化しますので、常に正確な茶葉の分量を使用して入れる必要があります。

 

そのためには、正確に計測することが出来る計量器が必要なのです。

おいしい紅茶を入れるために必要な茶器 その他

紅茶の美味しい入れ方のゴールデンルールの1つに以下の内容があります。

 

「Allow time to brew(紅茶の茶葉を蒸らす時間を大切にすること)」

 

つまり、「砂時計」や「キッチンタイマー」も紅茶を入れるのに必要なアイテムだということです。

 

特に、1秒単位で計測できる「デジタルキッチンタイマー」は重宝するため、1台は必ず用意しましょう。

 

砂時計は、茶葉によって蒸らし時間が異なるため、実用的ではないですが、常に同じ茶葉を使用するという方は砂時計でも良いでしょう。

 

紅茶を保温するために使用する器具に「ティーコジー」というのがあります。

 

ティコジーは、別名「茶帽子」と呼ばれ、紅茶を入れるためのアイテムとして用意されます。

 

使用方法は、ティーコジーをティーポットに被せ、熱を逃がさないように保温します。

 

紅茶にとって寒さは大敵ですので1つは用意しておくのが紅茶通の嗜(たしな)みと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

ブランド
おいしい紅茶を入れるの器具や道具には、様々なブランドがあります。ここではおいしい紅茶を入れるための器具のブランド(メーカー)について書いて行きます。