紅茶の茶葉 ダージリン

スポンサードリンク

紅茶の茶葉 ダージリンについて

紅茶の生産量世界一を誇るインドは、紅茶の原材料となるチャノキの栽培に適した風土と、広大な敷地を持っています。

 

そのため、紅茶を生産するのに最も適した国と言われています。

 

そんな紅茶大国インドでは、「紅茶のシャンパン」という異名を持つ「ダージリン」がとても人気があります。

 

今やダージリンは「世界三大紅茶」の1つに数えられています。

 

あなたは「ダージリン」という紅茶の茶葉の特徴はご存知ですか?

 

ダージリンには「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」と3つの種類があり、それぞれ違った香りや味わいが楽しめることでも有名です。

 

そこで、今回はダージリンとはどういった特徴を持つ茶葉なのか?についてご紹介します。

紅茶の茶葉「ダージリン」の特徴

それでは、まず、ダージリンはどういった環境で生産されているのかをご紹介しましょう。

 

ダージリンが栽培されているのは、インドの北東部にあるヒマラヤ山脈の麓「ダージリン地方」です。

 

この地域は標高600〜2000mをゆうに越える高地であり、1日に幾度も深い霧が立ち込めることでも知られています。

 

そのため、昼夜の気温差が激しく、紅茶の原材料となるチャノキの育成環境としては、とても優れた環境となっています。

 

紅茶のチャノキにはアッサム種と中国種があり、ダージリンは中国種から製造されます。

 

茶樹の寿命がアッサム種よりも長く、高地の寒冷地でも栽培出来るため、ダージリン地方の風土に最適だったのです。

 

ダージリンの生産期は、3月〜11月までと長く、春・夏・秋と収穫される季節によって、紅茶の香りや味わいが大きく変化します。

紅茶の茶葉「ダージリン」の味わいについて

ダージリンは、摘み取られた時期に応じて茶葉の色合いや水色(すいしょく)、香りに味わいが大きく変わります。

 

紅茶が苦手な方でも飲みやすい「ファーストフラッシュ」は、チップをたっぷり含んだ茶葉型で販売されることが多いです。

 

「セカンドフラッシュ」は、マスカット・フレーバーと呼ばれる香りや味わいを楽しむためにストレートティーとして飲用するのがオススメです。

 

茶摘みの終了シーズン間近の茶葉で製造される「オータムナル」は、ミルクティーとして飲むのに最適な茶葉です。

 

暑い夏などは、「水出し紅茶」として飲んでもイイですね。

 

その場合は、常温の水1リットルに対し、ダージリンの茶葉が詰め込まれたティーバッグを3つ用意し、容器へ入れます。

 

そして、冷蔵庫で2時間から3時間ほど寝かせれば美味しいダージリンアイスティーの完成です。

 

柔らかく優しい味わいを持つため、子供や高齢者の方でもおいしく飲んでいただけるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

ダージリン収穫時期
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではダージリンという茶葉の収穫時期について書いて行きます。
アッサム
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではアッサムという茶葉について書いて行きます。
アールグレイ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではアールグレイという茶葉について書いて行きます。
セイロン
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではセイロンという茶葉について書いて行きます。
ニルギリ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではニルギリという茶葉について書いて行きます。
ウバ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではウバという茶葉について書いて行きます。
キャンディ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではキャンディという茶葉について書いて行きます。
ディンブラ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではディンブラという茶葉について書いて行きます。