紅茶の効能 リラックス効果

スポンサードリンク

紅茶の効能で「冷え性改善」ができる?

紅茶のリラックス効果についてご説明しましょう。

 

ストレス社会と言われる現代、何かと力を抜いてゆっくりくつろぎたいと思う場面が多いですよね。

 

人間は、長時間緊張状態が続くと精神が不安定になり、イライラや不眠症のような症状に悩まされたりします。

 

それが悪化すると、うつ病や生活習慣病などを引き起こすこともあります。

 

現代を生きる私たちは、いかにストレスを解消するのかが、とても重要なポイントと言えるでしょう。

 

もしも、あなたがこのようなことを仕事中や勉強中に感じたなら、良い香りとホッとする安らぎを与えてくれる「紅茶」を飲むと良いでしょう。

 

そこで、今回は、紅茶のリラックス効果についてご説明します。

紅茶の効能「リラックス」について テアニン

緑茶や紅茶の風味の調和を受け持っているのが、以下の3つです。

 

  1. カフェイン(苦み成分)
  2. タンニン(渋み成分)
  3. テアニン(旨味と甘み成分)

 

テアニンとは、茶葉に含有されている「アミノ酸」の1つですが、タンパク質に広く分布しており、水溶性で旨味のあるグルタミン酸の誘導体です。

 

テアニンという成分は、紅茶や緑茶のような「お茶特有の成分」です。

 

生体を活動的にする交感神経に働きかけずに、「副交感神経」へ働きかけ、リラックス効果を得ることが出来ます。

 

また、テアニンには集中力や記憶力アップや快眠効果、ストレス解消などに効果があります。

 

そのため、仕事でひと段落した際や勉強中で一息つきたい場合に最適です。

紅茶の効能「リラックス」について 香り

紅茶の香りは、原産国や紅茶の茶葉を製造する工程の揉捻によって変化します。

 

香りの良い紅茶は、揉捻によって茶葉の細胞が破壊され、しきりに酵素の反応が起こります。

 

すると、豊かな香りが漂う素晴らしい紅茶が誕生するのです。

 

また、この酵素の働きによって、花のような上品な香りを持つ紅茶、果物のようなフルーティーな香りを持つ紅茶など・・・様々な特徴を持つ茶葉が市場に出回り、私たちの元にやってきます。

 

紅茶の香り成分は「花香」と呼ばれる香気成分が有名で、主にリナロールやゲラニオールなどが挙げられます。

 

リナロールという香気成分を含む紅茶として有名なセイロンティーは、スズランのような爽やかな安らぎを感じさせる香りを持つ紅茶が多いです。

 

ゲラニオールという香気成分を含むダージリンなどは、エレガントで重厚感のあるバラのような香りを持つ紅茶となります。

 

どちらの香気成分も、リラックス効果が期待出来ますので、お好みで選択すると良いでしょう。

 

紅茶の効能の1つである「リラックス効果」は、紅茶の旨味や甘み成分であるテアニン香気成分から成り立っています。

 

ティーポットを用いて1から紅茶を淹れることで絶大な効果を発揮します。

 

しかし、紅茶にはカフェインが含有されているため、飲み過ぎると逆効果となってしまうため、注意が必要です。

 

紅茶でリラックス効果を得たい方は飲み過ぎないようにご注意ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

美肌効果
紅茶の成分は、さまざまな健康に対する効能が認められています。ここでは紅茶が持つ美肌効果について書いて行きます。
ダイエット
紅茶の成分は、さまざまな健康に対する効能が認められています。ここでは紅茶が持つダイエット効果について書いて行きます。
冷え性改善
紅茶の成分は、さまざまな健康に対する効能が認められています。ここでは紅茶が持つ「冷え性改善」の効果について書いて行きます。