おいしい紅茶を入れる器具 ティースプーン

スポンサードリンク

おいしい紅茶を入れる器具 ティースプーンについて

おいしい紅茶を入れるためには使用する茶葉の計量を正確に行う必要があります。

 

そこで必要となる専用の器具が「ティースプーン」です。

 

ティースプーンには、計量以外にも、ミルクや砂糖などをかき混ぜる際に使用したりする役割があります。

 

紅茶をおいしく、そしてお洒落に飲むためには、欠かすことが出来ない器具の1つです。

 

では、ティースプーンの正しい使い方と選び方をご紹介しましょう。

おいしい紅茶を入れる器具 ティースプーンの正しい使い方

まず、ティースプーンは、おいしい紅茶を入れるための「茶葉の計量」に使用されます。

 

ティースプーンは、コーヒースプーンよりも若干サイズが大きく作られています。

 

一般的には、13cm〜14cmほどのサイズのスプーンを「ティースプーン」と呼びます。

 

紅茶の茶葉には、それぞれ製法によって等級が決められており、それに応じて使用する茶葉の量や蒸らし時間が異なります。

 

0.1gでもズレがあると、紅茶の香りや味わいが大きく変わりますので、正確な計測が必要です。

 

そんな時に便利なのが、ティースプーンなのです。

 

紅茶の茶葉には、茶葉型のOPや砕葉型のBOP、そして、粉砕した茶葉をふるいにかけて選定されたBOPFと同じ茶葉でも3つのタイプが存在します。

 

一見、茶葉の大きさによってティースプーンに乗せる量が変わると思いますよね?

 

ところが、茶葉の大きい「OPタイプ」なら、およそ3.4g前後、茶葉が細かい「BOPF」なら3.5gとなり、大きな誤差は生じません。

 

ティースプーンで山盛り1杯の茶葉を乗せ、0.1gまで計測できる計量器で、ティースプーン1杯がどのくらいの量なのかを計測しておくと良いでしょう。

おいしい紅茶を入れる器具 ティースプーンの選び方

ティースプーンには、シンプルなデザインから可愛らしいデザインのものまで、多種多様なものが販売されています。

 

余談ですが、中には、「ティースプーン」ではなく、「ティーメジャー」と呼ばれる茶葉を計量するための「専用スプーン」もあります。

 

その名も「ティーキャディスプーン」と言い、葉っぱの形をしたものや、キャンディーの形をしたものなどがあります。

 

ティーメジャーは、本格的なティータイムを演出したい方に人気があります。

 

サイズも、紅茶が保存されている缶にカンタンに入る小さなものが多いです。

 

伝統的なティーメジャーの形は「貝殻」となっています。

 

これは、先人たちが遠い異国の地より輸入していた紅茶の茶葉をすくうため、スプーンの代用として用いられた「帆立の貝殻」を模したものです。

 

さて、話を戻して「ティースプーンの選び方」ですが、これはお好みで構いません。

 

ただし、毎回、紅茶を入れる度に、正確な茶葉を測る必要があるため、目印がついたティースプーンを計測用に用いると良いでしょう。

 

また、ティーカップとソーサーと合わせたティースプーンも用意しておくと、来客の際にも重宝しますので、一つ揃えておくと良いですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

選び方
紅茶をおいしく入れるには、正しい器具の使い方が重要です。ここではおいしい紅茶を入れるための器具の使い方や選び方について書いて行きます。
ストレーナー(茶漉し)
おいしい紅茶を入れるためにはキチンと茶葉を濾しとることも重要です。ここでは茶葉を濾し取る専用器具ストレーナー(茶漉し)について書いて行きます。
ティーコジー
おいしい紅茶を入れるためには、ティーポットを保温するということがとても大切です。ここではティーポットを保温するアイテム、ティーコジーについて書いて行きます。
フレンチプレス
日本では紅茶を入れる際にフレンチプレスという器具を使うことがあります。通常フレンチプレスはコーヒー用の器具ですが、ここではおいしい紅茶を入れるためのフレンチプレスの使い方について書いて行きます。
タンブラー
タンブラーはおいしい紅茶を入れるために不可欠な器具ではありませんが、お手軽で便利といううれしい器具の一つです。ここではおいしい紅茶の器具タンブラーについて書いて行きます。
タンブラーおススメ
タンブラーはおいしい紅茶を入れるために不可欠な器具ではありませんが、お手軽で便利といううれしい器具の一つです。ここではおいしい紅茶の器具タンブラーのおススメについて書いて行きます。
意外と必要ない
おいしい紅茶の入れ方を行う際、思ったよりも必要なかった器具と言うのも存在します。ここではおいしい紅茶を入れるのに、それほど必要でなかった器具について書いてみます。