おいしい紅茶の入れ方 お湯の量

スポンサードリンク

おいしい紅茶の入れ方 お湯の量について

紅茶の美味しい入れ方に関するお湯の温度をご説明しましたので、続きまして紅茶を入れる際の「お湯の量」についてご説明します。

 

おいしい紅茶を入れる際のお湯の量は、ティーカップ1杯分で、およそ150mlから160mlが平均となっています。

 

ただし、紅茶を入れる過程において、茶葉にお湯が10%ほど吸収されてしまいます。

 

そのため、実際に紅茶をティーカップ1杯入れる際は170mlから180mlのお湯を用意すると良いでしょう。

 

余談ですが、よく「ポットのための1杯」という言い方をしますが、少し多めの茶葉を入れることで、よりおいしく紅茶を入れることができます。

 

ちなみに、個人的な意見ですが、紅茶を嗜む際は最低でも2杯は飲みたいですよね。

 

ですので、1杯分の最低単位は2杯からと考え、使用する「茶葉の量」や「お湯の量」を決めると良いでしょう。

おいしい紅茶の入れ方 お湯についてのまとめ

美味しい紅茶の入れ方で大切な「お湯」に関してご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

 

紅茶を美味しく入れる際のポイントは、「お湯の温度」と「お湯の量」です。

 

まずは、煮立った直後の高温のお湯を、事前に温めておいたティーポットに勢いよく注ぐこと。

 

そして、紅茶の茶葉がお湯を吸収するために、10%ほど多めにお湯を用意すること。

 

あと、紅茶というのは、1度薄い状態で入れてしまうと濃くすることができませんので、薄いのをカバーするためにはミルクなどを加えましょう。

 

また、逆に「濃いめの紅茶」が仕上がってしまった場合には「差し湯」を行います。

 

そうすることで、ご自身の口に合う濃度に調節すると良いでしょう。

 

ちなみに、「差し湯」は決してマナー違反ではありませんのでご安心ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

温度
おいしい紅茶を入れるには、茶葉やお湯、道具など、様々なコツやポイントがあります。ここでは、おいしい紅茶の入れ方に重要なお湯の温度について書いて行きます。