おいしい紅茶の入れ方とお湯の関係

おいしい紅茶とお湯の関係について

紅茶を美味しく入れるためには、紅茶の本場イギリスで行われている「ゴールデンルール」を学ぶ必要があります。

 

  1. Use good quality tea
  2. Warm the tea pot
  3. Measure your tea,one for a pot
  4. Use freshly boiling water
  5. Allow time to brew

 

これを日本語に訳しますと、以下の通りになります。

 

  1. 品質の良い茶葉を使用すること
  2. 紅茶を入れるためのティーポットを温めること
  3. 使用する茶葉の分量を正しく計量し、ポットのためのもう1杯を入れること
  4. 新鮮な水を使用して沸かしたお湯を使用すること
  5. 紅茶の茶葉を蒸らす時間を大切にすること

 

紅茶の美味しい入れ方5か条ですので、これから紅茶の世界に足を踏み入れようとお考えの方はこのルールを覚えておくと良いでしょう。

 

では、今回は紅茶のゴールデンルール4番目の「新鮮な水を使用して沸かしたお湯を使用すること」に含まれる、お湯に関する基本や注意点をご説明します。

おいしい紅茶の入れ方とお湯の関係記事一覧

おいしい紅茶の入れ方 お湯の温度

紅茶の美味しい入れ方に関するゴールデンルールの4つ目は、「新鮮な水を使用して沸かしたお湯を使用すること」です。ところで、紅茶を入れる際に「最適なお湯の温度」はどのくらいかご存知でしょうか?紅茶を入れる際のお湯は、煮立った状態のお湯を用いるのが最適だと言われていますが、紅茶の茶葉を上下にジャンピングさ...

≫続きを読む

 

おいしい紅茶の入れ方 お湯の量

紅茶の美味しい入れ方に関するお湯の温度をご説明しましたので、続きまして紅茶を入れる際の「お湯の量」についてご説明します。おいしい紅茶を入れる際のお湯の量は、ティーカップ1杯分で、およそ150mlから160mlが平均となっています。ただし、紅茶を入れる過程において、茶葉にお湯が10%ほど吸収されてしま...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク