キャンディ紅茶の特徴とは?

スポンサードリンク

キャンディの紅茶とは?

スリランカで生産されている紅茶の1つに「キャンディ」という可愛らしい名の紅茶があります。

 

キャンディは、スリランカのシンハラ王朝最後の都市として知られる古都、スリランカ中央部のキャンディ地方で生産されています。

 

セイロンティーの父として知られるジェームス・テイラー氏が、初めて茶園を築いた土地として、現地の方々の間では有名です。

 

では、スリランカの5大紅茶の1つである「キャンディ」の特徴や味の美味しさをご説明しましょう。

キャンディ紅茶の味や香りはどうなの?

キャンディの特徴は、ウバなどと比べて渋みが少なくて香り高く、セイロンティーらしい紅茶です。

 

癖が少ないので、初心者の方でもおいしく召し上がれます。

 

スッキリとした爽快感のある喉越しは「アイスティー」にすると良く分かりますよ。

 

中国種のチャノキから生産されるキャンディは、アッサムと違いタンニンの含有量が少ないため、クリームダウンという現象が起こりにくいのも特徴です。

 

もちろん、アイスティーだけではなく、ホットのストレートティーにしてもおいしいです。

 

また、フレーバーティーやミルクティー、ハーブとブレンドして飲用するのもオススメです。

 

キャンディは、まろやかで、紅茶の初心者の方でもおいしく飲めますし、自然な甘さと爽快感のあるキレの良さがあります。

 

そして、心地良いライトな香りを持ち、正統派な紅茶として日本人の味覚との相性抜群と言えるでしょう。

 

また、キャンディは癖がないので、子供から高齢者の方まで人気があります。

 

お好みやその日の気分によって飲み方を変えやすいですので、初めての紅茶は、キャンディの茶葉で入れ方をマスターすると良いでしょう。

キャンディ紅茶の特徴!飲む人を選ばない紅茶?

古都キャンディのある場所は標高700m〜1200mの中地であり、そこに広がる平原で紅茶の茶葉が生産されています。

 

キャンディの茶葉が生産されている土地は、1年中、気候の変化が穏やかな土地であり、1年を通して茶葉を収穫が行えます。

 

また、キャンディ地方は、紅茶だけではなく、シナモンやカカオといった農作物の生産にも適しており、スリランカの農産業を支える地域としても知られています。

 

キャンディの水色は、他の紅茶と比べ、華々しく輝きのある赤色をしています。

 

キャンディは、日本人の味覚に良く合うため、ディンブラと共に良く飲まれている紅茶です。

 

また、キャンディは、ほんのりと感じる自然な甘さと豊かなスムースな味わいが楽しめます。

 

1年を通して安定した気候のため、品質にもおいしさにも定評があります。

 

「飲む人を選ばない紅茶」という言い方がピッタリのイメージですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

ダージリン
ダージリンという紅茶の茶葉の味・香り、特徴のことをご存知でしょうか?ダージリンは紅茶のシャンパンとも呼ばれ世界三大紅茶としても知らています。そんなダージリンとはどんな紅茶なのか?について詳しく説明します。
アッサム
アッサムという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?アッサムという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなアッサムの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。
アールグレイ
アールグレイという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?アールグレイという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなアールグレイの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。
セイロン
セイロンという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?セイロンという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなセイロンの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。
ニルギリ
ニルギリという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?ニルギリという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなニルギリの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。
ウバ
ウバという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?ウバという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなウバの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。
ディンブラ
ディンブラという紅茶の茶葉をご存知でしょうか?ディンブラという名前は聞いたことはあっても特徴はあまり知られていないのかも知れません。ここではそんなディンブラの紅茶としての味や香り、特徴などについて説明します。