紅茶の茶葉 ダージリンの収穫時期のちがい

スポンサードリンク

紅茶の茶葉 ダージリンの収穫時期 ファーストフラッシュ

ダージリンには「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」と3つの種類があるということは、前述しましたね。

 

その点について、もう少し詳しくご説明しましょう。

 

寒さが和らぐ3月〜4月になると、インドでは軽めの雨期が訪れます。

 

この時期に摘み取られた茶葉は「ファーストフラッシュ(春摘み茶)」と呼ばれます。

 

日本の一番茶とは違い、3月から4月にかけて何度も摘み取られる茶葉のことを、こう呼びます。

 

ファーストフラッシュの柔らかな新芽には、渋み成分であるカテキンの含有量が少ないため、紅茶が苦手な方でも美味しく召し上がれる茶葉として人気があります。

 

しかし、春摘み茶は、とても収穫量が少ないため、高値で取り引きされています。

 

ファーストフラッシュの茶葉は、淡いグリーンをしており、水色は緑茶に近い淡いイエロー、もしくは淡いオレンジをしているのが特徴です。

 

香りは、初摘みらしい瑞々しくフレッシュな爽快感があり、スッキリとしたキレのある味わいを持っているので、ストレートティーとして入れるのが美味しい飲み方です。

紅茶の茶葉 ダージリンの収穫時期 セカンドフラッシュ

初夏を迎える5月から6月に摘み取られる茶葉で生産されるのが「セカンドフラッシュ(夏摘み茶)」です。

 

この頃の茶葉は、太陽の光をたっぷり浴びて育ったため、しっかりとした飲みごたえのある紅茶となります。

 

この時期に摘み取られた茶葉を加工すると、茶葉の色彩はファーストフラッシュと比べ、やや黒みを帯びた茶色となります。

 

色つや・香り・味わいの3つのバランスが絶妙に取れたダージリンになるため、最高級茶葉として市場に出回ります。

 

ファーストフラッシュと比べ、水色が明るめの深いオレンジ色となり、味わいはコクと渋みの調和がしっかり感じられます。

 

マスカットのような瑞々しい爽やかな香りを持つため、「マスカット・フレーバー」と呼ばれています。

 

このセカンドフラッシュは、「紅茶のシャンパン」と呼ばれるにふさわしい紅茶です。

 

ダージリン独特の香りや味わい、そして水色の3つを余すことなく堪能することが出来ます。

紅茶の茶葉 ダージリンの収穫時期 オータムナル

茶摘みが終わりを告げる10月から11月頃にかけて摘み取られる茶葉から製造されるダージリンのことを「オータムナル」と言います。

 

茶摘みの終了シーズン間近に摘み取られる茶葉は、がっしりとした肉厚をしており、熟成された渋みと苦みを兼ね揃えた「大人向けの紅茶」となります。

 

茶葉の色合いは、セカンドフラッシュよりも円熟味が増し、こんがりとした茶色になります。

 

水色も濃いダークブラウンをしており、深いコクと甘みを持つ味わいと落ち着きのある花のような上品な香りが漂う大人向けのダージリンとなっています。

 

ストレートティーとして味わうのも良いですが、ミルクティーが特におススメです。

 

オータムナルは、ミルクのコクと相まって濃厚な味わいを持つ特徴的なおいしい紅茶となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

ダージリン
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではダージリンという茶葉について書いて行きます。
アッサム
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではアッサムという茶葉について書いて行きます。
アールグレイ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではアールグレイという茶葉について書いて行きます。
セイロン
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではセイロンという茶葉について書いて行きます。
ニルギリ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではニルギリという茶葉について書いて行きます。
ウバ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではウバという茶葉について書いて行きます。
キャンディ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではキャンディという茶葉について書いて行きます。
ディンブラ
おいしい紅茶を入れるための茶葉にはいろいろな種類があります。ここではディンブラという茶葉について書いて行きます。