紅茶のおいしい入れ方とマナー ソーサー

スポンサードリンク

紅茶のおいしい入れ方とマナー ソーサーについて

紅茶の飲み方やマナーの一つとして、ソーサーの話題についても少し触れてみましょう。

 

それではまず、紅茶を飲む際の、ソーサーの位置からご説明します。

 

一般的なテーブルの場合は、テーブルの上にソーサーを置いたまま、カップを手に持って飲むのがマナーとなります。

 

では、テーブルの位置が低い場合はどうでしょうか。

 

実は、本来のアフタヌーンティーは、低いテーブルが主流となります。

 

まず、カップをソーサーに戻す際に、カチャカチャと何度も音を鳴らすのは、マナー違反です。

 

さらに、テーブルにカップを戻そうとして勢い余ってこぼしてしまったりと、好ましくない結果が避けたいですよね。

 

低いテーブルの場合、カップとソーサーを一緒に持ち、自身の胸元まで持って行きます。

 

そして、ソーサーを持つ手は、口と胸元の中間ほどまで持ち上げてカップの紅茶を飲むことが、低いテーブルで紅茶を嗜むマナーとなります。

紅茶のおいしい入れ方とマナー ティーカップについて

おいしい紅茶を楽しむために、ティーカップの使用方法に関しても、色々なマナーがあります。

 

まず、ティーカップを持つ手は、親指と人差し指で取っ手を掴み、残りの指は人差し指にそっと添えるようにします。

 

マグカップのように、ガッチリ持つのはマナー違反ですのでご注意ください。

 

また、小指が立つ癖をお持ちの方は、極力立たせないように注意しましょう。

 

他にも、紅茶を注がれたら、すぐに飲むのではなく水色や香りを楽しみ、口紅がカップに付着するのを抑制するため、ハンカチで口を押えてからカップに口を付けましょう。

 

イギリスでは珍しいですが、レモンティーが出された場合、レモンをカップに入れたままにしないことです。

 

専用のフォークで取り出し、レモンの入っていたお皿、もしくはカップの反対側に置くようにしましょう。

 

さて、おいしい紅茶のマナー、ソーサーとカップの作法についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今後、アフタヌーンティーに招待される機会に恵まれたら、ぜひ、紅茶の関するマナーを実践し、優雅なひとときを味わって見てはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

作法
紅茶をおいしい入れ方の一つに嗜む際のマナーと作法というのが挙げられます。ここでは紅茶のマナーと作法について書いて行きます。